前田節の「鳥の目・虫の目・魚の目」

今回も経営改善の具体的な事例をご紹介し、改善のポイントをご説明していきます。

アフターコロナの改善戦略として、参考にしていただければと考えます。

 

 ~「『成功体験』を経験した結果」~

■業種業態 製造業

■売上高  3億円

■収益状況 営業赤字

■従業員数 20名

■借入金総額 1.5億円(元金全額ストップ)

 

■改善内容 

・業績の悪化により借入金の返済が困難となり元金返済をとめる

・弊社が経営改善計画策定し約2年間の元金全額返済猶予とその後3年間のキャッシュフロー内での返済計画の承認受ける

・遊休不動産(オーナー社長名義)を売却し借入金の圧縮を図った

・オーナー社長がその権限を番頭に委譲し、新たな経営体制のもと事業運営を行った

・現場からの意見を十分に吸い上げながら経営改善に取り組んだ

・技術力に基づいた「対応力」を前面に打ち出したプロモーションを実施した

 

■本事例のポイント

・全金融機関から長期的な金融支援の承認を受けることができ、経営者は事業運営に集中することができた

・経営の抜本的な改革のためオーナー社長が大幅な権限移譲を実施することを決断した

・ボトムアップ型経営に移行することで現場の活性化が図られた

・明確なプロモーション戦略をもとに様々な具体的な施策を実行した

 

■コメント

組織改革により経営改善した事例です。

権限移譲したことにより、番頭が様々な意思決定を行うことになりました。

その意思決定でもたらされた成果を「成功体験」として経験することで、経営者として大きく成長されました。また現場を巻き込んだプロモーション活動を実施し、現場が新規案件に積極的に取り組む風土に変革できました。

権限移譲のポイントは、

①信じること、②権限移譲に関する目標を評価項目として設定すること、③新しいチャレンジを許容すること、の3つです。

少しの権限移譲でも組織活性化に有効です。皆様の会社でもぜひ取り組んでください。

悩みを身近に相談し、解決できる
新たな「経営プラットフォーム」

経営に関するあらゆるご相談を承ります
	まずは無料相談から!!