前田節の「鳥の目・虫の目・魚の目」

今回も経営改善の具体的な事例をご紹介し、改善のポイントをご説明していきます。

アフターコロナの改善戦略として、参考にしていただければと考えます。

 

 ~経営者の覚悟~

■業種業態 加工業

■売上高  2億円

■収益状況 経常赤字

■従業員数 25名

■借入金総額 1.6億円(リスケ相談中)

 

■改善内容 

・メインバンク主導でリスケ対応を検討していたが、取引金融機関中1行が非協力的な対応で膠着状態であった

・弊社が認定支援機関として計画策定し、金融調整に入る

・非協力金融機関を外す(繰り上げ返済する)ことで、残り4行で支援体制を構築する

・金融支援の内容は当初1.5年間の元金返済猶予とその後3年の元金返済一部猶予で合意を得た

・得意先別収益管理の仕組みを構築し、不採算取引を明確にして単価交渉を実施した

・すべての固定費の見直しを実施し、売上高対固定費率で約5%削減できた

 

■本事例のポイント

・非協力的な金融機関があったが、メインバンクとの良好な関係性が構築されていたので、メインバンクの協力を得て金融支援体制を構築できた

・現場改善、経費削減において、社長に強力なリーダーシップを発揮して頂けた

・安価なITツールを利用した収益管理の仕組みを構築できた

 

■コメント

入り口の金融調整が難しい事例でしたが、メインバンクと連携を密にしながら調整を進めました。

弊社の関与当初から、社長自身が不退転の決意をされていたので、経営改善を強力に進めることができました。

またITツールを利用した管理システムを構築できたので、その仕組みの継続性は高いと考えています。

経営改善の最も重要な成功要因は、「経営者の覚悟」です。

悩みを身近に相談し、解決できる
新たな「経営プラットフォーム」

経営に関するあらゆるご相談を承ります
	まずは無料相談から!!