経営に役立つ補助金・公的支援制度情報

★経営に役立つ補助金・公的支援制度情報 1月★

<全国版>

「軽減税率対策補助金」ついてご紹介します。

<事業内容> 

消費税の軽減税率制度は、平成31年10月1日から実施されます
複数税率対応レジの導入や受発注システムの改修などを行うにあたり、その経費の一部を補助する制度です。

複数税率対応レジ等の場合、レジ1台あたり補助上限は20万円です。
また、複数台申請等については1事業あたり200万円を上限としています。
受発注システム改修等の場合、小売事業者等の発注システムの場合は上限1,000万円、卸売事業者等の受注システムの場合は上限150万円で、両方の改修・入替は上限1,000万円となります。
本制度は平成30年1月31日までに申請が必要でしたが、変更後は平成31年9月30日まで延長されております。

詳細はこちらからご確認ください。

<和歌山県版>

 和歌山市が実施する「和歌山市ビジネスチャンス創出補助金」を紹介します。

 この補助金では、和歌山市が市内の中小企業のビジネスチャンス創出を目的に、国内・海外見本市等への自社製品の出品、自社製品の開発・改良、自社新製品PR用パンフレット等の作成を行う場合に必要とする経費の一部が補助されます。

1.対象者 
 (法人の場合)
 1)和歌山市内に事務所または事業所を有している中小企業者
 2)和歌山市により法人市民税が課されていること
 3)和歌山市税を完納していること
 4)3年連続して当補助金(販路開拓支援事業補助金を含む)の交付を受けていないこと
(個人の場合)
 1)和歌山市民であること
 2)和歌山市内に事務所を有していること
 3)和歌山市税を完納していること
 4)3年連続して当補助金(販路開拓支援事業補助金を含む)の交付を受けていないこと項

2.対象事業等
 (1) 対象事業
 ア 国内販路開拓事業
 イ 海外販路開拓事業(海外展示会等)
 ウ 海外販路開拓事業(海外向けインターネット販売)
 エ 自社製品開発・改良事業
 オ 新製品広告宣伝事業
 (2) 対象経費 各事業ごとに異なります。ただし、補助金の交付決定以前に支払われた経費は補助対象経費とは認められません。
 (3) 補助金額 上限50万円(各事業ごとに異なります。)

○申請受付
 平成31年1月31日(水)まで
 ※ただし、海外販路開拓事業及び国内販路開拓事業については見本市又は展示会開催の30日前までに申請書類の提出をしていただく必要があります。

〇提出書類や応募方法等の詳細は下記からご確認ください。
 和歌山市産業まちづくり局 産業部 商工振興課
 電話:073-435-1233 ファクス:073-435-1256
 「平成30年度 和歌山市ビジネスチャンス創出支援補助金」
 

悩みを身近に相談し、解決できる
新たな「経営プラットフォーム」

経営に関するあらゆるご相談を承ります
	まずは無料相談から!!