創業を決意したSさまの「資金の調達法や事業計画の立て方が分からない」というお悩みを解決(サービス業)

ご相談企業さまの概要・経営状況

業 種 サービス業
年 商 創業
負債状況 創業の為無し

お客さまの課題・ご依頼内容

店舗責任者としてお店の運営全般を2年間にわたり実施してきたSさま。
今までの経験を活かして自分の店舗を出店したいとの想いが高まり、創業を決意されました。
 

店舗の運営についてはこれまでの経験から、やっていけるという手応えをお持ちでした。
しかし、出店するために必要となる資金については十分な自己資金が無い中、 創業融資を受けるために必要となる手続きや事業計画の立て方が分からず、弊社にご相談いただきました。

当社の取り組み1

先ずはご自身が持たれている創業のイメージをアウトプットしていただくために、日本政策金融公庫の創業計画書を記載いただきました。創業時における強みを融資審査者に伝えられるように、記載内容からご自身の経験についてさらにヒアリングを通して深堀し、創業計画書の定性面のブラッシュアップについて支援しました。また、改めて他の事業者とは違うご自身の強みについて認識いただくことで、強みを意識した今後の事業の取組について考えて頂けるようになりました。

当社の取り組み2

現在の店舗実績の数値から、月次での売り上げ計画と経費計画の作成をサポートいたしました。計画を基に、融資が必要となる資金について把握するための資金繰り表を策定しました。創業計画書の数値面での有効な裏付け資料として、月次での損益計画書と資金繰り表を創業計画書に盛り込みました。 また、出店予定地の住民数や、最寄り駅の乗降客数、競合店舗の情報などの立地情報を整理して、出店予定地での売り上げ計画の妥当性についての裏付け資料としました。

当社の取り組み3

上記の取組みを基に創業計画書の作成を支援し、日本政策金融公庫の紹介へとつなげました。 結果として、無事に必要としていた資金について創業融資を受けることができました。

その他の取り組み

(担当コンサルタントより)

支援を通して、定性面でご自身の強みについて改めて認識してもらうとともに、月次での事業計画や資金繰り表を作成することで定量面でも事業の方向性について考えてもらえる機会になったのではないかと思います。  創業融資を受けて、これからが正にスタートです。事業者さまには今回立てた事業計画を基に頑張っていってもらいたいです。

無料相談はこちら

サービス案内

ジャストコンサルティングでは、「経営改善」「人材活用」「資金調達」といった中小企業の課題解決をサポートする、以下の6つのサービスをご提供しています。

経営に関するあらゆるご相談を承ります!

無料相談はこちら