バンクミーティングにより金融支援が実行され、経営立て直しに向けて大きく前進

ご相談企業さまの概要・経営状況

業 種 機械製造業
年 商 18億円
負債状況 21億円 リスケジュール後1年以内・元金全額返済猶予・実質債務超過

お客さまの課題・ご依頼内容

主業では競合状況が厳しくなってきていたため、新たな分野での製品開発に取組む計画が持ち上がっていたK社様。

ここ2年は1件あたり数億円規模の大型受注が主となり、安定した受注がありましたが、直近期はこの受注が滞り売上高が激減していました。

これを受け、資金繰りが厳しくなり金融機関にリスケジューリングを依頼しました。

しかし、今後どういう方向性で事業を行っていくのかという明確な説明を金融機関に迫られ、経営改善計画書の提出が必要となりました。

その後まもなく、弊社に経営改善計画策定支援の依頼をいただきました。

当社の取り組み1

【課題1】工程管理、採算管理ができておらず、大型案件であればあるほど赤字の要因となっていた。

   

【支援内容】現在の現場レベルで取り組むことができるオリジナルの工程管理・採算管理法を導入しました。  

当社の取り組み2

【課題2】多額の売上が前倒し計上となっており、結果的に粉飾決算となっていた。

   

【支援内容】粉飾決算についての事実を弊社担当者が主となり金融機関に説明、理解いただけました。

当社の取り組み3

【課題3】取引金融機関が6行あり、全行をまとめるのが困難であった。

   

【支援内容】バンクミーティングを実施し、全行に2年間の元金全額返済猶予を了承いただきました。
  また、メインバンクでは引き続き手形割引の取り組みを行っていただけることとなりました。

その他の取り組み

【担当コンサルタントより】

同社の経営者は、うすうす現在の採算状況に気づいていたものの、”いずれなんとかなるだろう”と楽観的な考えのまま経営を続けてこられていました。
経営状況が悪い会社のほとんどはこの事例のようになっているように感じます。

ただし、今回、経営改善計画を作成し、バンクミーティングを実施したことで、経営者は事の重大さに気づき、実情を理解されることとなりました。
その後、現状に向き合い、 5年計画においては、新分野での製品開発をやめ、本業に集中することとしました。現在、経営改善のために本気で改善策に取り組んでいただいています。

無料相談はこちら

サービス案内

ジャストコンサルティングでは、「経営改善」「人材活用」「資金調達」といった中小企業の課題解決をサポートする、以下の6つのサービスをご提供しています。

経営に関するあらゆるご相談を承ります!

無料相談はこちら