成長に向けた組織改革を実施。補助金を活用した設備投資、新規資金を調達。(物流業)

ご相談企業さまの概要・経営状況

業 種 総合建設業
年 商 約50億円
負債状況 借入金があるものの正常返済中。

お客さまの課題・ご依頼内容

総合建設業として、幅広い分野の工事を手掛けるF社様。得意とする分野を含む公共工事が減少傾向にあるのの、自社で考案した新工法による受注が拡大しており業績は堅調に推移していました。そのような状況において、さらなる安定・成長を目的とした経営企画部の立ち上げと、全社的な組織変更を実施。同時に、経営計画の立案・発表が行われました。さらに、今後の課題・取り組みとして「人事評価システムの構築」「補助金の活用」「新たな資金調達」が挙げられ、当社がそれらの施策の実行役を担うこととなりました。

当社の取り組み1

新たな経営計画の実行に合わせて、従業員の士気を高め、業績アップを実現させるために、当社主導で人事評価システムを構築しました。最初に取り組んだのは、「成果に対する評価基準」の明確化でした。 従来は、「従業員の成果をどのように評価するのか?」の基準が曖昧であったため、評価基準を明確化することで“業務に向き合う姿勢”に変化を促しました。同時に、労務への対価となる金銭・物品などの報酬についても見直しを行い、士気の向上と業績アップに直結する仕組みを作りました。それにより、会社が進むべき方向性についての理解・認識が深まり、経営者と従業員、従業員同士の良好な関係を再構築できました。

当社の取り組み2

F社様が考案された新工法は市場からの評価が高く、経営を支える新たな柱となりつつありました。そこで、今後も受注拡大が期待できる新工法の施工に必要なマシーンを、新規に調達することを目的として、投資額の2/3の額が国の補助となる「ものづくり補助金」の申請を行いました。マシーンの新規調達後の受注拡大を実現させる計画書の作成、申請手続きに必要となる各種申請書の作成、中小企業団体中央会への申請業務までのすべてにわたって当社がサポート。無事に採択に至りました。

当社の取り組み3

建設業は「受注の連続性」という面での懸念があり、他業種に比べて資金調達が難しい業種と言われています。また、従業員への賃金、建設材料費、協力業者への支払いなどが莫大な金額になることもあり、資金繰りが大変な状況に陥りやすくなります。 F社様では、より一層の経営安定化のための資金調達を目論んでおられましたので、経験豊富な当社がサポート。その結果、新たな金融機関2行との取引を実現させることができました。今後は資金調達だけでなく、会社の資金管理についても担当させていただくことを目指しています。

その他の取り組み

F社様に対しては、上記の取り組み・サポートに加え、次期経営計画の立案サポートや経営計画の練り直し、アクションプラン設定なども実施させていただきました。また、毎月2回の定期訪問にて、経営計画の進捗確認等のコンサルティングを継続して提供しています。
無料相談はこちら

サービス案内

ジャストコンサルティングでは、「経営改善」「人材活用」「資金調達」といった中小企業の課題解決をサポートする、以下の6つのサービスをご提供しています。

経営に関するあらゆるご相談を承ります!

無料相談はこちら